写真 1
6世紀末から7世紀初めに蘇我馬子の発願で建てられた日本最古の本格的仏教寺院。
創建時は法興寺、元興寺とも称した。
塔を中心に東、西、北の3方に金堂が築かれ、それらを回廊が囲む伽藍配置は日本国内には他に例のない「飛鳥寺式」。
創建時の伽藍は失われ、塔や金堂の礎石だけが残る。
鞍作鳥の作という本尊の銅造釈迦如来坐像(重要文化財)は「飛鳥大仏」の通称で親しまれる。

拝観料
<個人>
一般/大学生 350円 高校生/中学生 250円 小学生200円
<団体(30名以上)>
一般/大学生320円 高校生/中学生220円 小学生170円

拝観時間
4月1日~9月30日 9:00~17:30(受付は17:15まで)
10月1日~3月31日 9:00~17:00(受付は16:45まで)

休業日
4月7日~4月9日

お問い合わせ
飛鳥寺
TEL:0744-54-2126

Facebook

〜飛鳥寺(あすかでら)から最新コメント〜

  • まだコメントがありません