写真 1 2
百済から渡来した東漢氏の祖、阿智使主を祀る於美阿志神社は、明治時代に現在の地に移された。この地にかつて置かれたのは、同氏の氏寺とされる檜隈寺。
建立は7世紀後半からと考えられ、調査では塔や金堂、講堂、回廊などが検出されている。塔の礎石は完全に残され、また講堂は瓦積み基壇を有していた。
現存する平安時代の十三重石塔は、檜隈寺の廃絶後、塔心礎の上に建てられた。

〜於美阿志神社(檜隈寺跡)(おみあしじんじゃ(ひのくまでらあと)) から最新コメント〜

  • まだコメントがありません