写真 1 2
鬼の雪隠・鬼の俎
謎の石造物に見えるが、実は刳貫式横口式石槨の蓋石(雪隠)と床石(俎)。7世紀中頃に築造された長方墳かとみられている。
組み合わせたときの大きさは石室の最大長2.7m、幅1.9m。俎の東側でもう一つの床石も発見されており、一つの墳丘に二つの石槨をもつ合葬墓だったと考えられる。
形から鬼が付近を通る旅人を俎の上で料理し、雪隠(トイレ)で用を足したと伝えられた。

〜鬼の雪隠/鬼の俎((おにのせっちん/おにのまないた)から最新コメント〜

  • まだコメントがありません