写真 1
飛鳥宮跡とは皇極天皇、斉明天皇の皇居跡で、伝飛鳥板蓋宮跡とされていたが、継続的な調査で、飛鳥板蓋宮だけでなく、飛鳥岡本宮(舒明天皇)や、飛鳥浄御原宮(天武・持統両天皇)など、複数の宮が断続的に置かれていたことが判明し、名称が「飛鳥宮跡」に改められました。
ここは、「大化の改新」の幕開けとなる蘇我臣入鹿の中大兄皇子等による暗殺の舞台(乙巳の変)となったことでも知られています。

〜飛鳥宮跡<伝飛鳥板蓋宮跡>から最新コメント〜

  • まだコメントがありません